2015年03月03日 web関連

dreamweaver CS6では、scss,sassなどが使えません。使えないというか、コードヒントやコードカラーリングが適用されず、テキスト扱いと同様になってしまいます。

検索すれば、多くのサイトで説明されていますが、以下の作業をすればコードヒントが使えるようになります。

scssを追加する手順

  • 1.DWの環境設定>ファイルタイプ/エディター内の「コードビューで開く」の箇所に「.scss」を追加します。(sassも使いたい場合は.sassも追加)
  • 2. アプリケーション ▸ Adobe Dreamweaver CS6 ▸ Configuration 内の「Extensions.txt」アプリケーション ▸ Adobe Dreamweaver CS6 ▸ Configuration ▸ DocumentTypes内の「MMDocumentTypes.xml」を編集

Extensions.txt

下のコード内の【】の箇所を追加。(分かりやすいように【】をつけていますが実際は不要です。)
HTM,HTML,SHTM,SHTML,HTA,HTC,XHTML,STM,SSI,JS,JSON,
AS,ASC,ASR,XML,XSL,XSD,DTD,XSLT,RSS,RDF,LBI,DWT,ASP,ASA,ASPX,ASCX,ASMX,CONFIG,CS,
CSS,【SCSS】,CFM,CFML,CFC,TLD,TXT,PHP,PHP3,PHP4,PHP5,PHP-DIST,PHTML,JSP,WML,TPL,LASSO,JSF,VB,VBS,VTM,VTML,INC,SQL,JAVA,EDML,MASTER,INFO,INSTALL,THEME,CONFIG,MODULE,PROFILE,ENGINE,SVG:All Documents
HTM,HTML,HTA,HTC,XHTML:HTML Documents
SHTM,SHTML,STM,SSI,INC:Server-Side Includes
JS,JSON:JavaScript Documents
XML,DTD,XSD,XSL,XSLT,RSS,RDF:XML Files
LBI:Library Files
DWT:Template Files
CSS,【SCSS】:Style Sheets
・・・

MMDocumentTypes.xml

下のコード内の【】の箇所を追加。(分かりやすいように【】をつけていますが実際は不要です。)
<documenttype id="CSS" internaltype="Text" winfileextension="css,【scss】" macfileextension="css,【scss】" file="Default.css" writebyteordermark="false" mimetype="text/css" >
上記の作業でDWを再起動してみてもコードヒントが動かない場合は、「Application Support/Adobe/Dreamweaver CS6/ja_JP/Configuration」内のMMDocumentTypes.xml、Extensions.txtをチェックしてみてください。

Macの場合は「control + スペース」でSpotlight検索を起動し、「Extensions.txt」、「MMDocumentTypes.xml」で検索してみると簡単に探せます。

ここまで、完了すれば、コードヒント、コードカラーリング、ファイルのアイコンまで、全て対応出来ます。

注意点

これは私もはまった落とし穴なんですが、DWの体験版をインストールしたことある方は、ライブラリ内を変更しないとコードヒント等が動きません

ライブラリ内を変更するには、「optionボタン」を押しながら、Finderメニューの移動を開きます。 そうすれば、隠しメニューの「ライブラリ」が表示されます。

Library/Application Support/Adobe/Dreamweaver CS6/ja_JP/Configuration/にもMMDocumentTypes.xml、Extensions.txtのファイルがあると思うので、これを同様に編集してください。

この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ピックアップ記事

Twitter for Mac’s developer consoleの設定

2014年07月18日 twitter APIweb関連
Twitter for Mac’s developer consoleの設定
ちょうど設定してみたので、メモ。 まだ触ってないので詳しく分かりませんが、Twitter for Mac's developer consoleというのは、Twitter APIのテストが可能なのようです。 WEB版のコンソールもありますが、Twitter for Mac's developer consoleの方がサクサク動くらしいです。 DEVサイトにログイン、APP登録 まず…
「Twitter for Mac’s developer consoleの設定」をはてなブックマークに追加

photoshopでfavicon(icoファイル)作成

2012年01月23日 web関連
icoformatICO Formatプラグインを追加 Photoshopでは、icoファイルを扱うことができないので、以下のプラグインをインストールして、icoを作成・保存出来るようにします。 Photoshop icoformatICO (Windows Icon) Format Plugin プラグインをダウンロード、解凍したら、ICOFormat pluginというファイルを、「Ap…
「photoshopでfavicon(icoファイル)作成」をはてなブックマークに追加

twitter API からプロフィール画像を取得・表示

2011年07月28日 twitter APIweb関連
twitter API からプロフィール画像を取得・表示する方法です。 リクエストURL [php]http://api.twitter.com/1/users/profile_image?screen_name=apr_20&size=bigger[/php] 画像として表示 [php]<img src="http://api.twitter.com/1/users/…
「twitter API からプロフィール画像を取得・表示」をはてなブックマークに追加

HTML上に配置した画像に隙間が出来るときの対処法

2012年02月10日 web関連
配置した画像に余計な隙間(スペース)が出来る HTML上に画像を配置したときに、予期せぬスペースが出来るときってありませんか?(画像参照)単純に配置しただけなのに・・・と思うのですが、そんな時はCSSを以下のように設定することで解決できます。 解決策 CSSファイルに以下の設定を記述する。 [php]img { vertical-align: top; }[/php] …
「HTML上に配置した画像に隙間が出来るときの対処法」をはてなブックマークに追加

IE6で透過pngを表示させる。DD_belatedPNG

2012年02月14日 jQuery・javascriptweb関連
DD_belatedPNG 先日、でも触れましたが、DD_belatedPNGというjavascriptを使って、IE6で透過pngを表示させてみました。 DD_belatedPNGの入手 以下のサイトにいって、DD_belatedPNGをダウンロードします。以下のサイト内を下へスクロールしていくと、左のサイドバーにDD_belatedPNG 0.0.8a releasedというリンクがあり…
「IE6で透過pngを表示させる。DD_belatedPNG」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy