2011年06月14日 WordPress
ちょっとタイトルじゃ分かりづらい(少なくとも僕は。。)ですが、WordPressをカスタマイズしているとサイドメニューにカテゴリ一覧を出したり、ページ一覧を出したり、サブカテゴリや、サブページを出したり、、、、など色々することが多いと思います。
その際に、一覧を表示するコードなんかを適当に検索して、貼付けると、確かに動く! 動くんですが、その箇所はちゃんと動くけど、グローバル変数が書き換えられてしまって、他が動かなくなる。といったコードが結構あります。というか、ありました。プラグインなんかでもそういうのがあるかもしれません。 そうすると、WordPressに精通していない僕なんかは困るわけです (;゚∀゚) サイドメニューは動いてるのに、さっきまで動いていた箇所が動かなくなってるとか後で気付いたりするわけです (p_q、)シクシク そうなると、どこが原因か、どんどん分からなくなってしまいます。(少なくとも僕は。。)

解決方法

そういうのを防ぐ、もしくは、その状態を解決する方法として、function.php内に以下のコードを記述して、wp_head()の出力時に、$postを他の変数(今回は$_cur_page)として保持しておきます。 あとは、$postが書き換えられたーーって困った時なんかは、$_cur_pageを代わりに使うなり、もともと、$postを触らずに、$_cur_pageからデータを取得するなどして、$postが変更されない状態にしておくなど、対応が出来るようになるかと思います。

コード

//wp_head()実行時にget_pageid()を実行
add_action('wp_head', 'get_pageid');

//現在のページIDを記録しておく(他のウィジェットや関数に書き換えられても良いように)
function get_pageid()
{
	global $post,$_cur_page;
	$_cur_page = $post;
}

//現在のページの属する親ページのIDリストを取得
function get_page_parent_list()
{
	if( !is_page() ) return array();
	global $_cur_page;
	$curr_page = $_cur_page;
	$hierarchy[] = $curr_page->ID;
	while($curr_page->post_parent) {
		$curr_page = &get_post($curr_page->post_parent);
		$hierarchy[] = $curr_page->ID;
	}
	return $hierarchy;
}
参考サイト:http://soft.fpso.jp/develop/wordpress/customize/entry_2017.html

この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


ピックアップ記事

WordPress Contact Formプラグインのメールアドレス確認を実装する

2011年06月16日 WordPress
WordPressでよく使われるメールフォームのプラグイン「Contact Form7」ですが、メールアドレスの確認用の入力フォームが、標準でついてるかと思ってたらついてなかったので、調べてみました。 こちらのサイトさんが、簡単に実装出来る方法を公開してくれてましたので、紹介したいと思います。 …
「WordPress Contact Formプラグインのメールアドレス確認を実装する」をはてなブックマークに追加

WordPressのREST APIを使って最新記事を取得・表示させる

2017年06月14日 WordPressphp
1.WP REST APIプラグインをインストール 管理画面から「WordPress REST API」プラグインをインストールし、有効化します。 これで http://◯◯◯.com/wp-json/wp/v2/posts にアクセスすれば、記事の情報がjson形式で表示されます。 WordPress REST API jsonを取得・表示させる [php]&l…
「WordPressのREST APIを使って最新記事を取得・表示させる」をはてなブックマークに追加

指定カテゴリに属する記事の一覧を表示

2011年11月30日 WordPress
$categorysの配列を複数指定することで、複数のカテゴリから記事の一覧を取得することが可能です。 [php] <?php $categorys = array(27); for ($i=0; $i<count($categorys); $i++) : ?> <?php query_posts('cat='.$categorys[$i]); if (have_post…
「指定カテゴリに属する記事の一覧を表示」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy