youtubeで、自動翻訳の字幕を日本語に固定する方法

youtubeで海外のチュートリアル動画などを見ていて、動画が変わるたびに翻訳の設定を、自動翻訳、日本語と設定することが手間だったので、自動翻訳の言語を日本語に固定する方法がないか調べました。
Chromeの拡張機能をつかい、Chrome上でUserSriptを実行させて、Youtubeを開いた時に、スクリプトが自動で、自動翻訳字幕の日本語を選択するといった感じになります。
Windows 10 × chromeでの設定です。

拡張機能をインストール

以下のリンク先を開いて、「Chromeに追加」ボタンを押して、拡張機能を追加します。

拡張機能「Tampermonkey」をインストール

スクリプトのインストール

以下のリンクからスクリプトページを開きます。

YouTubeで自動翻訳字幕(日本語)を常にオン

スクリプトをインストールのボタンをクリックします。

Tampermonkeyの画面になるので、インストールをクリックします。

Tampermonkey上で「インストール済み UserSript」というタブメニュー内に、以下の画像のように「YouTubeで自動翻訳字幕(日本語)を常にオン」というスクリプトが有効になっていれば、インストール完了です。

あとは、普通にYouTubeを開いて動画を見るだけで、翻訳が可能な場合は勝手に自動翻訳を日本語に設定してくれます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です