Zencat のセッション管理については、「Zencart : セッションについて」で触れていますので、基本的な説明はそちらでご確認ください。 共用SSLを利用する場合のセッション管理についてですが、共用SSLを利用する場合は、基本的に自分の運用するドメインとSSLページは違うドメイン(サーバ会社のドメインなど)になることが多いと思います。 その場合は、ブラウザのクッキーに保存されているSSLページと非SSLページでのドメインが違うことになるので、セッションが正常に引き継げなくなり、カートが空になるなどの現象が起こります。
Zencartのインストール直後の設定は、管理画面内の「セッション管理の設定」>「クッキーの使用の設定」がTrueになっていたと思います。 この環境では、ブラウザのクッキーの使用が必須となってしまうので、共用SSLでクッキーに保存されたドメインが異なる場合は、当然、セッションが引き継げなくなりますし、もちろんブラウザがクッキーの使用を許可していない場合もセッションは引き継げません。 共用SSLでクッキー内のドメインが違う場合でもセッションを引き継ぐ方法として、管理画面内の「クッキーの使用」をFalseにすることでZencartが共用SSLの環境で使えるようになります。また、これは、クッキーを一切使用しないというのではなく、クッキーが使用できる場合は利用し、そうでない場合はURLにzenidとしてセッション情報を付与し、セッションを引き継がせることが出来るようになります。 管理画面の説明を見るだけでは、少し勘違いしやすい点ですが、
  • 「クッキーの使用」=True > ブラウザのクッキーの使用が必須。
  • 「クッキーの使用」=False > ブラウザのクッキーは必須ではなく、利用できるときは使い、そうでない場合はURLにzenidを付与しセッション管理を継続する。
といった感じだと思います。 その際の問題点として、クッキーが正常に利用できない場合はzenidが正常に付与される必要があるので、独自のカスタマイズでリンクURLを貼りつけた箇所などは、zenidが引き継げるようにZencartの仕様にそったリンクの貼り方をする必要があります。Zencartに内でのリンクの貼り方については、「zencart:カスタマイズ リンクの貼り方」の記事を参考にしてください。 また、インストール時に「サイト、管理画面共にSSLを使用する設定」でインストールしてしまい、管理画面が共用SSLで動作しない場合は、admin/includes内のconfig.phpファイルの設定を手動でSSLを使用しない設定にし、非SSLで管理画面にログイン後、「セッション管理の設定」>「クッキーの使用」をFalseにする必要があります。

この投稿へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


ピックアップ記事

[7.5] iPhoneアプリに背景画像を設置する

2010年12月06日 過去Blog
iPhoneアプリの背景に独自の画像をいれたい場合の説明です。デフォルトのままでも特に気にならない方も多いかもしれませんが、少し味気ないので、背景を設定してみましょう。 …
「[7.5] iPhoneアプリに背景画像を設置する」をはてなブックマークに追加

USBメモリがフォーマットできない

2010年10月07日 過去Blog
先日、USBメモリをさしたまま、OSの再インストールをしていると誤って、USBメモリの中のパーティションも削除してしまいました。 そのままだとUSBメモリが使えなくなってしまったので、以下の方法でフォーマットしました。 コントロールパネル > 管理ツール > コンピュータの管理 > ディスクの管理 右下に表示されるディスクの一覧から該当するUSBメモリを探し、右クリック、(パーティションがあ…
「USBメモリがフォーマットできない」をはてなブックマークに追加

htmlファイルでphpを動かすための.htaccessファイルの設定

2009年11月20日 過去Blog
htmlファイルでphpを動かすための.htaccessファイルの設定 .htaccessファイル内に以下の行を記述します。 AddType application/x-httpd-php .htm .html 当然の前提条件として、htaccessの動作が許可されているサーバに限ります。…
「htmlファイルでphpを動かすための.htaccessファイルの設定」をはてなブックマークに追加

PHP 配列から空要素を削除する

2010年06月08日 過去Blog
以下のように実行することで、配列内から空要素を削除することが出来ます。 //空要素を削除 $link_accept_list = array_merge(array_diff($link_accept_list, array("")));
「PHP 配列から空要素を削除する」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy