Drupal 7 のインストール

以下のインストール方法を参考にDrupal 7 のインストールに挑戦してみます。

Drupal 7 のインストール方法(英語)

Step 1: ダウンロード

  • 以下のサイトからダウンロードします。今回はzipファイルを選択。 latest version of Drupal 7.
  • ダウンロードしたパッケージを解答し、FTPでサーバ上にまるごとアップします。

Step 2: データベース作成

  • Drupal 7 で利用するデータベースを作成します。データベースについては、ご利用のサーバ会社などのガイドに従って作成してください。

Step 3: Drupal 7 を設置したディレクトリ権限を777に設定

  • インストールが完了したら Drupal が権限をリセットしてくれる?
    Drupal should reset this when it’s completed the installation(chmod a-w sites/default or 555)

Step 4: インストーラ起動

  • Drupal を設置したURLにアクセスします。インストーラが起動し、以下の画像のように “Select an installation profile.”の画面が表示されます。
  • “Standard.” を選び、Save and continue をクリックします。

  • 次の言語設定の画面で英語を選び次に進むか、日本語化してインストールするか決めます。

日本語化する方法

  1. 翻訳ファイルを以下のサイトからダウンロードします。 translation server.
  2. ダウンロードしたファイルをサーバ上の以下の場所に設置します。
    /profiles/standard/translations/
    日本語化完了後、再度、インストール画面を表示すると以下のような画面になり、日本語が選択可能になります。

  • ここでは日本語を選択して、進めますが、英語でも手順は変わりません。それでは、日本語を選択して次へ。
  • データベースを選択するようですが、私の環境(お名前.comサーバ)だとMySQLの選択肢がなく、sqliteのみでした。Drupal 7にはPDO拡張が必須のようで、サーバにインストールされているPHPのPDOの設定に関係しているようです。参考:http://drupal.org/node/988326#comment-3785530
  • データベースの設定はそのままで次へくと、指定した階層へsqliteファイルが作成され、インストールされます。

  • 次に、サイト情報を入力する画面になるので、サイト名、管理者情報などを入力します。

  • 以上でインストールは終了です。

今回初めてインストールしてみましたが、とても簡単で、丁寧なCMSだなぁという印象を受けました。今のところ最新版は英語しかありませんが、オープンソースなのでその辺は目をつぶってもいいかと思います。

追記:管理画面も簡単に日本語化できました。管理権限でログインし、ダッシュボード>モジュールを選択し、Content Tanslationのチェックボックスを設定。

次に環境設定の中から、地域と言語>言語追加 で日本語を追加。

その後、表示された言語のリストから日本語を選択。これで管理画面も日本語になりました。

以下のサイトなどを参考にしつつ自分で試してみました。

http://tsuzuki-labo.com/joomla/drupal/drupal-7-.html

Drupal 7をローカル環境にインストール。

Drupal 6 日本語化

モジュールの、Content Tanslationのチェックボックスを設定

サイト構築>インターフェースの翻訳で、ダウンロードした翻訳ファイルをインポート

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です