2011年01月25日 過去Blog
ABAddressBookに関するアプリを勉強していたのですが、ABGroupAddMember が機能せず、困っていました。 日本語サイトでは情報が見当たらなかったので、いろいろ海外のサイトを調べていると同じように困っている方が大勢いるようでした。
Appleのテクニカルサポートの方がバグと認識しているというような、書き込みもあり(真偽のほどは分かりませんが)、下記のサイトでは、同じような症状を訴えている方がいます。 私の環境ではテスト出来なかったのですが、iOS 4.2 sdk以前(もしくは4.1以前)では、正常に動くようです。 https://devforums.apple.com/message/355419 http://www.3manzana.com/2010/12/bug-no-ios-42-abgroupaddmember.html http://www.ethyreal.com/posts/37-ABGroupAddMember-Bug-In-iOS-4-2 http://www.iphonedevsdk.com/forum/iphone-sdk-development/65614-issues-abaddressbokk-since-update-ios-4-2-a.html もう少しいろいろ調べてみたいと思いますが、バグなのであれば、早く解決してほしいですね。 解決策をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非、コメントをお願いします。

この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


ピックアップ記事

PHP 要素Aが配列Bの中に存在するか調べる in_array

2010年06月11日 過去Blog
要素Aが配列Bの中に存在するか調べるには in_array を使う。 以下の例では、配列Bの中に要素Aが存在するので「Got elementA」が出力されます。 $arrayB = array("elementA", "NT", "Irix", "Linux"); if (in_array("elementA", $arrayB)) { echo "Got elementA"; }
「PHP 要素Aが配列Bの中に存在するか調べる in_array」をはてなブックマークに追加

UIActionSheet を複数使った場合のメソッドの振り分け

2011年05月03日 過去Blog
1つのクラスファイル内で、複数のUIActionSheetを使う時はtagプロパティを使って、どのアクションシートのボタンがクリックされたのかを判別します。 actionsheet.tag = 1; 詳しくは以下のサイトを参照。 http://technical-iphone.blogspot.com/2010/05/uiactionsheet.html
「UIActionSheet を複数使った場合のメソッドの振り分け」をはてなブックマークに追加

PHP POSTチェック

2011年05月15日 過去Blog
http://www.sakura-pc.jp/php/02020000.shtml
「PHP POSTチェック」をはてなブックマークに追加

SQLite で Limit や ORDER BY RANDOM()など

2010年12月16日 過去Blog
SQLite で抽出データを並び替え SELECT * FROM テーブル名 ORDER BY フィールド1 DESC, フィールド2 DESC, フィールド3 ASC ; 上記のようにすることで、「テーブル名」という名前のテーブルの全てのデータを「フィールド1」の降順で並べ、「フィールド1」が同値の場合、次の「フィールド2」を降順に並べ、さらに「フィールド2」も同値の場合、「フィールド3」を基準に昇順に並び替えます。 ASC は結果が昇順に並びかえ、 DESC はそれが降順に並ぶかえることを表します。そのどちらも指定されていない場合、 ASC で並び替えられます。 SQLite でランダムにデータを抽出する まず、SQLite でランダムにデータを取り出す方法 SELECT * FROM entry ORDER BY RANDOM(); SQLite で行数指定(LIMIT)でデータを抽出する SELECT文では、WHERE句などを指定した場合でも条件に一致する全てのデータを取得します。この取得する件数を制限したい場合にはLIMIT句を使います。書式は以下の通りです。 SELECT カラム名, ... FROM テーブル名 LIMIT 行数; …
「SQLite で Limit や ORDER BY RANDOM()など」をはてなブックマークに追加

zencart フッター部のzencartサイトへのリンク、コピーライトの変更

2010年06月29日 過去Blog
includes/languages/japanese.php 内の「FOOTER_TEXT_BODY」を変更する。 その他、デフォルトで設定されている日本語の設定はこのファイル内の項目を修正する。 pure perfect green coffee contains 50% chlorogenic acid…
「zencart フッター部のzencartサイトへのリンク、コピーライトの変更」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy