2010年06月01日 過去Blog
define( “ONE_DAY_SEC”, 24 * 3600 ); // 日付けの差分をとる関数 function dateDiff( $date1, $date2 ) { return ( strtotime( $date1 ) – strtotime( $date2 ) ) / ONE_DAY_SEC; } // 実行サンプル $date1 = date(‘Y/m/d’); $date2 = “2010/06/01”; $result = (dateDiff( $date1, $date2 )+1); これで$resultには、2010/06/01 から 現在の日付までの経過日数を求めることが出来る。 参考サイト:http://q.hatena.ne.jp/1169605670

この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


ピックアップ記事

Xcode 4 移行ガイド

2011年03月22日 過去Blog
http://sazameki.jp/translations/xcode4/IDEs/Conceptual/Xcode4TransitionGuide/ atlanta insurance how to loose weight…
「Xcode 4 移行ガイド」をはてなブックマークに追加

[5]:配列データを使って、UITableViewと連携させる

2010年12月01日 過去Blog
今回のチュートリアルは、配列データを使って、UITableViewと連携させる方法です。SQLやXMLのデータを表示させるための要素になるでしょう。 今回は「フルーツ」をテーマに、名称のほか、いくつかの追加情報をもつ「フルーツオブジェクトの配列」を作成します。UITabeleViewに各フルーツの名称を表示させ、名称がクリックされるとviewが遷移し、そのフルーツの詳細情報を表示させます。 今回の記事は以下の記事を既読の方を想定しています。 [4]:View間での移動について [3]:Interface Builder と Xcode を接続する方法 [2]:Interface Builder のみで Hello World 今回学ぶこと: Navigation-Based Application の新規作成 フルーツClassのオブジェクト作成 NSArray 配列を作成し、書き込む 新規ビューの追加 viewとコードを接続する オブジェクトのデータをUITableViewに書き込む viewを遷移させ、選択された行に基づくデータを表示させる …
「[5]:配列データを使って、UITableViewと連携させる」をはてなブックマークに追加

php OS環境に合わせて自動改行

2010年06月08日 過去Blog
PHP_EOL PHPには定義済み定数に「PHP_EOL」があり、これを使用することで改行を表示させることができます。 Linux、Mac、Windowsなどの異なるOS環境間で改行コードを内部的に自動で切り替えてくれます。 例えば、Macの場合には「¥n」や「¥n¥r」、「¥r¥n」などとコードに記載しても、改行表示されません。
「php OS環境に合わせて自動改行」をはてなブックマークに追加

[10] UITabBar での view の切り替え

2010年12月20日 過去Blog
今回は、UITabBar と UITabBarItem の使い方についてです。 UITabBar を使い、UITabBarItems や view を追加する方法です。 1. UITabBar テンプレート を使ってプロジェクトを作成 まず、タイトルの通りに XCode の UITabBar テンプレートを使って、プロジェクトを作成します。 …
「[10] UITabBar での view の切り替え」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy