この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


ピックアップ記事

ネット未接続のipadにテキストデータを送信する方法

2011年01月03日 過去Blog
新年あけましておめでとうございます。 昨年末から、突然、着手したiPhoneアプリ開発ですが、しっかり勉強して、今年はもっともっと有益な記事が書ければいいなと思っております。 といいながら、今回は、iPhoneアプリに無関係で、あまり役立つ記事ではないかもしれませんが、一応メモしておきます。 ネット未接続のipadにテキストデータを送信する方法:メモ帳の同期 iPadには、ソフトバンクの携帯…
「ネット未接続のipadにテキストデータを送信する方法」をはてなブックマークに追加

データベースから重複データを削除して表示する

2010年03月25日 過去Blog
重複行を除いて表示したい場合は、select distinctを使用する SELECT DISTINCT [, 列名2 ...] FROM [WHERE条件式など] ※※ は必須、[]はオプション
「データベースから重複データを削除して表示する」をはてなブックマークに追加

[2]:Interface Builder のみで Hello World

2010年11月19日 過去Blog
前回は、UITableViewを使って”HelloWorld”を表示しましたが、今回は、Interface Builderを使って、コードを書かずに"HelloWorld"を表示させてみます。 非常に簡単なアプリではありますが、Interface Builderを理解する最初のステップです。 今回の流れ: View Based Projectの新規作成 iPhone シュミレータで確認 UIの要素をホーム画面に追加 コードを実行 …
「[2]:Interface Builder のみで Hello World」をはてなブックマークに追加

[6]:SQLiteを使ってToDoリストアプリを作成(1)

2010年12月01日 過去Blog
このブログのチュートリアルを順に読み進めてくださった方なら、このチュートリアルがUITableVIewを優先的に取り組んできたことをご存知かと思います。 この理由としては、多くのアプリケーションが、このシンプルなコントロールを使って開発されているからです。 今回はUITableViewの最後のチュートリアルとして、今までのチュートリアルで学んできたことをすべて使い、SQLiteの技術を追加し、ToDoリストを作成していきます。 また、多くの機能を持ったテーブルセルを追加し、iPhoneが提供している他のコントロールについても学んでいきます。 過去の記事を既読の方を想定していますので、まだの方は、そちらの記事に先に目を通されることをおすすめします。 このチュートリアルは、いくつかのシリーズから成り立つので、過去の記事に比べ少し長くなります。この最初のチュートリアルで学ぶことは以下です。 今回学ぶこと: Navigation-Based Application の新規作成 データベースの作成 プロジェクトにデータベースの追加 SQLite3のフレームワークを追加 ToDoクラスのオブジェクトの作成 データベースの初期化 …
「[6]:SQLiteを使ってToDoリストアプリを作成(1)」をはてなブックマークに追加

tableViewに関する覚え書き

2011年01月03日 過去Blog
tableView に関する設定の説明です。 テーブル内のセクション数を設定する 以下の例では、2つのセクションをもつテーブルになります。 - (NSInteger)numberOfSectionsInTableView:(UITableView *)tableView { return 2; } セクション内の行数を指定する 以下の例では、最初のセクションは、2行のデータを表示し、次のセクションでも2行のデータを表示します。…
「tableViewに関する覚え書き」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy