2011年08月02日 iPhoneアプリ開発
慣れるまでは、ややこしい「プロビジョニングファイル作成から実機転送」ですが、とてもわかりやすく、丁寧にまとめてくれていたサイトさんがありましたので、自分へのメモで残しておきます。
以下、転載。
実機転送の場合 アプリケーション > ユーティリティ > キーチェーンアクセス で、キーチェーンアクセスを起動。 キーチェーンアクセスのメニューの「環境設定」を起動。 「一般・First Aid・証明書」とあるので、証明書をクリック。 「オンライン証明書状況プロトコル(OCSP)」を「可能な場合に適用」 「証明書執行リスト(CRL)を「可能な場合に適用」 「優先順位」を「OCSP」に設定。 キーチェーンアクセスのメニューから 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求 ユーザーのメールアドレス:iOS Dev Centerに登録しているメールアドレス。 通称:iOS Dev Centerに登録している名前。(iOS Dev Centerにログインして、右上に表示されている名前) CAのメールアドレス:空白。 要求の処理:ディスクに保存、鍵ペア情報を指定にチェック 上記を設定して「続ける」ボタンクリック。 保存場所を指定。 鍵のサイズ:2048ビット アルゴリズム:RSA 上記に設定して「続ける」ボタンクリック。 作成完了。 iOS Dev Centerにログインして、右側にある「iOS Provisioning Portal」にアクセス。 左のメニューから「Certificates」にアクセス。 一番最初であれば、 「Request Certificates」ボタンをクリック。 画面下にファイル選択用のボタンをクリックして8番で作成したファイルを選択。 Submitボタンをクリック。 Certificatesの一覧ページになるので、しばらくして再読込すると「Download」ボタンが表示されるので、クリックして保存。その下の 「If you do not have the WWDR intermediate certificate installed, click here to download now.」 のリンクのファイルを保存。 キーチェーンアクセスを開き、14番でダウンロードした、「developer_identity.cer」ファイルを ログイン > 自分の証明書 のところへドラッグして登録する。 もう一つダウンロードしたファイルの「AppleWWDRCA.cer」はダブルクリックして登録する。 Xcode4のオーガナイザを開き、転送する実機をUSBのケーブルで繋ぐ。 DEVICESの下に実機の名前が表示されたら、DEVICE名をクリックして、下にある「Add to Portal」をクリック。 自動的にiOS Dev Centerに接続してiPhoneの登録をしてくれる。 iOS Dev Centerに戻り、左のメニューの「App IDs」をクリック。 ※一度作成したAppIDは、削除出来ない。 右上にある「New App ID」ボタンをクリック。 Discription:半角英数字で入力。アプリ名と同じだとわかりやすい。 Bundle Seed ID (App ID Prefix):Generate New Bundle Identifier (App ID Suffix):ドメインを逆にしたもの+アプリ名か、*にするとよい。 お勧めは、*がいい。 com.yourdomain.appname or com.yourdomain.* ここに設定したBundole IdentifierとXcodeのinfo.plistのBundle identifierは同じにする。 設定したら「Submit」ボタンをクリック。 Xcode4に戻り、左のプロジェクト名をクリック。 Projectをクリックして、Build SettingsのCode Signing IdentityのDebugをTeam Provisioning Profileに変更する。Any iOS SDKも同じように変更。 TERGETSをクリックして、19番と同じように、Build SettingsのCode Signing IdentityのDebugをTeam Provisioning Profileに変更する。Any iOS SDKも同じように変更。 iPhoneをUSBのケーブルでつなぎ、Schemeをクリックして、iPhoneの名前を選択して、Runをクリック。実機に転送される。
参考サイト:http://blog.ryuraku.com/2011/05/07/provisioning/

この投稿へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy