Dreamweaverのソース検索で正規表現を使う

今回は、wordpressからエクスポートした記事のxmlデータを、他のwordpressに入れる際に、xmlにカテゴリやタグが入っていると、新しいwordpressにもカテゴリが全部追加されて、不要なカテゴリが増えてしまったので、それを防ぐために、インポート前のxmlデータからカテゴリやタグにあたる箇所を削除してから、インポートするためにdreamweaverで正規表現を使いました。

WordPressのRSS Feed(xml)から、正規表現で検索する

以下のようなxmlのソース(実際のxmlは数百行とか)から「<category」で始まる行を全て空にします。
この記事は、wordpressの移行方法ではなく、dreamweaverの正規表現についての記事です。(一応)

<wp:menu_order>0</wp:menu_order>
<wp:post_type>post</wp:post_type>
<wp:post_password></wp:post_password>
<wp:is_sticky>0</wp:is_sticky>
<category domain="category" nicename="general"><![CDATA[一般]]></category>
<category domain="category" nicename="page"><![CDATA[固定ページ]]></category>
<category domain="category" nicename="post"><![CDATA[投稿]]></category>
<wp:postmeta>
<wp:meta_key>_edit_last</wp:meta_key>
<wp:meta_value><![CDATA[1]]></wp:meta_value>
</wp:postmeta>

Dreamweaver上の設定

dreamweaverの検索フォームに以下のように設定して検索(置き換え)します。

<category (.*)category>
投稿日:
カテゴリー: web関連

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です