2014年08月01日 web関連phptwitter API
twitterのAPIを利用してツイートする必要があったので、メモ。

準備

まず、twitterのdevサイトでapp登録しておきます。
次に、ツイートする際に必要なOAuthという認証作業を簡単にしてくれるOAuthライブラリtwitteroauthをダウンロードします。リンク先に飛んだら右下の方にDownload ZIPというボタンがあるのでそこからダウンロード出来ます。

設定

ダウンロードしたzipファイルの中にあるtwitteroauthフォルダをサーバへアップロードします。
あとは、以下のコードを記述したphpファイルを適当な階層にアップロードします。

//twitteroauth.phpをインクルードします。ファイルへのパスはご自分で決めて下さい。
require_once("./twitteroauth.php");

//TwitterAPI開発者ページでご確認下さい。
//Consumer keyの値を格納
$sConsumerKey = "********************";
//Consumer secretの値を格納
$sConsumerSecret = "****************************************";
//Access Tokenの値を格納
$sAccessToken = "****************************************";
//Access Token Secretの値を格納
$sAccessTokenSecret = "****************************************";

//OAuthオブジェクトを生成する
$twObj = new TwitterOAuth($sConsumerKey,$sConsumerSecret,$sAccessToken,$sAccessTokenSecret);

//呟きをPOSTするAPI
$sTweet = "呟きのテスト投稿です。 (".date('Y-m-d H:i:s').")";
$vRequest = $twObj->OAuthRequest("https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json","POST",array("status" => $sTweet));

//Jsonデータをオブジェクトに変更
$oObj = json_decode($vRequest);

//エラー
if(isset($oObj->{'errors'}) && $oObj->{'errors'} != ''){
    ?>
<h3>エラー</h3>
    <pre>
    <?php var_dump($oObj); ?>
    </pre>
<?php
//投稿内容
}else{
?>
<h3>成功</h3>
    <pre>
    <?php var_dump($oObj); ?>
    </pre>
    <?php
}

設定が必要な箇所

1.twitteroauthのパスの設定。
require_once("./twitteroauth.php");
2.APIキー等の設定。各キーはdevサイト内のアプリケーションページにあるAPI Keysタブをクリックすると確認できます。Consumer key、Consumer secretの箇所は、それぞれ、API key 、 API secretを記述します。
//Consumer keyの値を格納
$sConsumerKey = "********************";
//Consumer secretの値を格納
$sConsumerSecret = "****************************************";
//Access Tokenの値を格納
$sAccessToken = "****************************************";
//Access Token Secretの値を格納
$sAccessTokenSecret = "****************************************";
上記の1,2の設定に問題がなければ、設定ファイルにアクセスするだけで、ツイートが投稿されます。 引用 : http://www.tryphp.net/2013/10/25/twitterapiv11_webapp/

この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

ピックアップ記事

WordPressでカテゴリ一覧やタグ一覧を取得・表示させる

2014年08月27日 WordPressphp
WordPressでカテゴリ一覧やタグ一覧を取得・表示させる
WordPressでカテゴリ一覧を表示させるには、wp_list_categoriesというテンプレートタグがありますが、出力結果が思い通りにならないことが多いので、get_termsを使って、カテゴリ一覧を表示させる方法です。 カテゴリ一覧を表示させる get_termsでカテゴリ情報を取得するには、最初の引数にcategoryを指定します。 [php]echo '<ul…
「WordPressでカテゴリ一覧やタグ一覧を取得・表示させる」をはてなブックマークに追加

WordPress 独自テンプレートでよく使う関数など

2022年11月16日 web関連WordPressjQuery・javascriptphp
投稿関連 ページID 取得・表示 [php]<?php $post_id = get_the_ID ( ) ; echo $post_id; ?>[/php] リンク取得・表示 [php] <a href="<?php echo get_permalink( 99 ); ?>">リンクテキスト</a> [/php] …
「WordPress 独自テンプレートでよく使う関数など」をはてなブックマークに追加

Googleアドセンスがhtml要素を覆い隠してクリック出来ない

2015年03月04日 web関連
Google Adsenseを設置すると隣接する要素をオーバーラップしてしまい、クリック出来なくなる場合の対処法です。 アドセンスが隠してしまってクリック出来ない要素を#navだとすると以下のようにCSSを設定します。 [php]#nav { position:relative; z-index: 100; }[/php]
「Googleアドセンスがhtml要素を覆い隠してクリック出来ない」をはてなブックマークに追加

WordPressのREST APIを使って最新記事を取得・表示させる

2017年06月14日 WordPressphp
1.WP REST APIプラグインをインストール 管理画面から「WordPress REST API」プラグインをインストールし、有効化します。 これで http://◯◯◯.com/wp-json/wp/v2/posts にアクセスすれば、記事の情報がjson形式で表示されます。 WordPress REST API jsonを取得・表示させる [php]&l…
「WordPressのREST APIを使って最新記事を取得・表示させる」をはてなブックマークに追加

wordpressのアーカイブ、カテゴリテンプレートで現在のタグIDを取得しリンクを設定する

2014年08月04日 web関連WordPress
アーカイブテンプレートで表示中のタグIDを取得する 下記で現在表示中のタグのtag_idが取得出来ます。 [php]$tag_id = get_query_var('tag_id');[/php] tag_idからタグページヘのリンクを設定する タグページヘのリンクを設定するには、WordPressのget_tag_link関数を使います。引数に先ほど取得したtag_idを設定…
「wordpressのアーカイブ、カテゴリテンプレートで現在のタグIDを取得しリンクを設定する」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy