2010年12月20日 過去Blog
今回は、UITabBar UITabBarItem の使い方についてです。 UITabBar を使い、UITabBarItems や view を追加する方法です。

1. UITabBar テンプレート を使ってプロジェクトを作成

まず、タイトルの通りに XCode の UITabBar テンプレートを使って、プロジェクトを作成します。
863-1 その状態で、ビルド&実行してみると以下の画像のようになります。 863-2

2. Interface Builderを起動し UITabBar items を追加します。

UITabBarItems を追加するには、単純に、ライブラリから、UITabBar 上にドラッグするだけです。追加したitemの名前は「item」となっているので、「third」など、適当に変更してください。 追加したitemには、itemがクリックされた時に表示するviewの名前を特定する必要があります。 まず、Interface Builder を起動するために、MainWindow.xib をダブルクリックします。 Tools > atributes inspector を開き、“Nib Name” と書かれた項目に、view を指定します。これがクリックされた時にロードされ、表示されます。今回は、テンプレートに沿って、”ThirdView” とします。 これだけでは、”ThirdView” は、表示されません。当たり前ですが、まだ、ThirdView.xibを作成していないので。。。 新しくview を追加するには、Interface Builder から File > New をクリックし、viewを追加します。 863-3上記のような画面が出た後、新しく真っ白の viewが表示されると思いますので、適当に背景色などを変更して、”ThirdView”として保存します。 863-4 保存の途中で以下のような画面が出てきますので、viewを追加するプロジェクト名の横のチェックボックスをチェックして、「Add」ボタンで追加します。 863-5 これで、”ThirdView”は、完成ですが、このままXCode上からビルド&実行し、最初に設定した「third」のタブitemをクリックすると以下のようなエラーが発生します。

reason: ‘-[UIViewController _loadViewFromNibNamed:bundle:] loaded the “ThirdView” nib but the view outlet was not set.

これは、「”ThirdView”をロードしたけど、viewアウトレットが設定されていないよ!」ということなので、先ほど作成した”ThirdView.xib”をダブルクリックし、「File’s Owner」をクリックし、Identity Inspector を開きます。表示されたinspectorの上部にある「Class」という箇所に「FirstViewController」を設定します。 この状態で File’s Owner を右クリックすると、Outlets の中に view というのがありますので、それと、File’s Owner というオブジェクトが入っているウインドウ内のview とを接続します。 ここまで出来たら、保存します。 XCode上から、ビルド&実行してみてください。以下の画像のように、3つ目のviewが表示されると思います。 863-6

この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


ピックアップ記事

[5]:配列データを使って、UITableViewと連携させる

2010年12月01日 過去Blog
今回のチュートリアルは、配列データを使って、UITableViewと連携させる方法です。SQLやXMLのデータを表示させるための要素になるでしょう。 今回は「フルーツ」をテーマに、名称のほか、いくつかの追加情報をもつ「フルーツオブジェクトの配列」を作成します。UITabeleViewに各フルーツの名称を表示させ、名称がクリックされるとviewが遷移し、そのフルーツの詳細情報を表示させます。 今回の記事は以下の記事を既読の方を想定しています。 [4]:View間での移動について [3]:Interface Builder と Xcode を接続する方法 [2]:Interface Builder のみで Hello World 今回学ぶこと: Navigation-Based Application の新規作成 フルーツClassのオブジェクト作成 NSArray 配列を作成し、書き込む 新規ビューの追加 viewとコードを接続する オブジェクトのデータをUITableViewに書き込む viewを遷移させ、選択された行に基づくデータを表示させる …
「[5]:配列データを使って、UITableViewと連携させる」をはてなブックマークに追加

mysqlデータの移行

2010年04月03日 過去Blog
こんなことが起こってはいけないのですが、、、、 昨日、サーバでsudo関連のプログラムをfedoraサーバでテストしてたのですが、その際に、誤って、想定してないような値を渡してしまい、サーバ上のディレクトリやファイルのパーミッションがおかしなことになってしまいました。 rootでもログイン出来なくなってしまい、全てがおかしくなったのか、部分的におかしくなったのかも把握できず、とりあえず、初期化…
「mysqlデータの移行」をはてなブックマークに追加

html、CSS テキストの自動折り返しを禁止する

2010年04月16日 過去Blog
<strong>white-space</strong> normal 標準 (初期値) nowrap 自動的な折り返しを禁止する prozac and alcohol…
「html、CSS テキストの自動折り返しを禁止する」をはてなブックマークに追加

SQLite で Limit や ORDER BY RANDOM()など

2010年12月16日 過去Blog
SQLite で抽出データを並び替え SELECT * FROM テーブル名 ORDER BY フィールド1 DESC, フィールド2 DESC, フィールド3 ASC ; 上記のようにすることで、「テーブル名」という名前のテーブルの全てのデータを「フィールド1」の降順で並べ、「フィールド1」が同値の場合、次の「フィールド2」を降順に並べ、さらに「フィールド2」も同値の場合、「フィールド3」を基準に昇順に並び替えます。 ASC は結果が昇順に並びかえ、 DESC はそれが降順に並ぶかえることを表します。そのどちらも指定されていない場合、 ASC で並び替えられます。 SQLite でランダムにデータを抽出する まず、SQLite でランダムにデータを取り出す方法 SELECT * FROM entry ORDER BY RANDOM(); SQLite で行数指定(LIMIT)でデータを抽出する SELECT文では、WHERE句などを指定した場合でも条件に一致する全てのデータを取得します。この取得する件数を制限したい場合にはLIMIT句を使います。書式は以下の通りです。 SELECT カラム名, ... FROM テーブル名 LIMIT 行数; …
「SQLite で Limit や ORDER BY RANDOM()など」をはてなブックマークに追加

PHPでサイトのタイトルを取得

2010年03月30日 過去Blog
参照元:http://creazy.net/2008/05/php_get_page_title_sample.html how to cure depression…
「PHPでサイトのタイトルを取得」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy