WordPress のWP-DBManager プラグインで自動的にデータベースのバックアップ

初期設定

まずは、WP-DBManagerをダウンロードし、プラグインフォルダに入れたら、管理画面上から有効化します。


すると管理画面のメニューに「Database」というメニューが追加されるので、その中の「Backup DB」を開きます。
そこに英語で「.htaccess」関係の警告が出てると思うので、指示の通りの場所にある「htaccess.txt」を「.htaccess」にリネームして、/wp-content/buckup-db/に移動します。

これでエラーがなければ、バックアップを実行出来るようになります。


DB Optionsの設定

私の場合は、「DB Options」で指定された場所に「mysqldump」と「mysql」がありません。的なエラーも出ていたので、そこのパスをそれぞれ以下に変更しました。

mysqldumpのパス: /usr/local/mysql/bin/mysqldump
mysqlのパス: /usr/local/mysql/bin/mysql

このパスはサーバによると思うので、変更しなくて動いた!という方もいれば、私と同じバスで動かない方も多いかと思います。

投稿日:
カテゴリー: WordPress

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です