今回は、iPhone,ipod,ipad に内蔵されている加速度センサーを使って、x,y,zの加速度を取得する方法について説明します。 加速度センサーとは、自由落下に対するデバイスの加速度を計測します。1の値はデバイスに1G の重力がかかっていることを示します(1G の重力は、デバイスが静止状態の時に感じる地球の重力)。加速度センサーはデバイスの加速度を X、Y、および Z の3軸方向で計測します。
912-1 今回作成するアプリは、3軸の加速度を取得し、ラベルに表示します。加えて、デバイスを左右に振る(傾ける)と、現在時刻を表示するというものです。 まず、加速度センサーを扱うには、UIAccelerometerを利用します。 XCode を起動し、View Based Application で新規プロジェクトを作成します。 今回は、「Accelerometer」という名前にしています。 Accelerometer.h を開き、以下のように設定します。

#import <UIKit/UIKit.h>

@interface AccelerometerViewController : UIViewController <UIAccelerometerDelegate> {

 

 IBOutlet UILabel *xLabel;

 IBOutlet UILabel *yLabel;

 IBOutlet UILabel *zLabel;

 

 IBOutlet UILabel *clockLabel;

 double accelX, accelY, accelZ;

}

@end

まず、加速度センサーを利用するために、UIAccelerometerDelegate を定義します。これで、UIAccelerometer のイベントを認識するようになります。 IBOutlet は、view 上にx,y,zの値を表示させるためのラベルと、デバイスが振られた時に、現在時刻を表示するラベルです。 doubel の行は、x,y,z の値を扱うための変数です。 Accelerometer.h を保存してください。 次に、AccelerometerViewController.xib をダブルクリックし、Interface Builder を起動します。 以下の画像のようになるように、ラベルを配置し、Outlet を接続してください。 912-2完了したら、保存して Interface Builder を終了します。 最後に、Accelerometer.m を開き、viewDidLoad メソッドと accelerometer メソッドを以下のように設定してください。

– (void)viewDidLoad {

 UIAccelerometer *accel = [UIAccelerometer sharedAccelerometer];

accel.delegate = self;

accel.updateInterval = 1.0f/10.0f;

 

[super viewDidLoad];

}

– (void)accelerometer:(UIAccelerometer *)acel

didAccelerate:(UIAcceleration *)acceleration {

accelX = acceleration.x;

accelY = acceleration.y;

accelZ = acceleration.z;

 

 

xLabel.text =[NSString stringWithFormat:@”x: %g”, acceleration.x];

yLabel.text = [NSString stringWithFormat:@”y: %g”, acceleration.y];

zLabel.text = [NSString stringWithFormat:@”z: %g”, acceleration.z];

 

NSLog(@”x: %g”, acceleration.x);

NSLog(@”y: %g”, acceleration.y);

NSLog(@”z: %g”, acceleration.z);

 

if (acceleration.y >= –0.5) {

NSDateFormatter *df = [[NSDateFormatter alloc] init];

df.dateFormat  = @”yyyy/MM/dd HH:mm:ss”;

NSString *str = [df stringFromDate:[NSDate date]];

clockLabel.text = str;

}

 

 

}

上記のコードは、viewDidLoad 内で、updateInterval で読み取り間隔を設定しています。 accelerometer 内の acceleration.x によって、x軸の加速度の値を取得し、ラベルに表示させています。取得した各値をそれぞれラベルに表示させています。 さらに、動きを確認するために、NSLogもセットしています。 最後の if文は、acceleration.y が、「-0.5」以上になれば、clockLabel に現在時刻がセットされるようにしています。 これで保存し、デバイス上で、ビルド&実行することで、動作確認出来ます。 現在時刻の取得 http://iphone-tora.sakura.ne.jp/nsdate.html 加速度センサー http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20090510/1241898972 http://japan.internet.com/developer/20100803/26.html

この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


ピックアップ記事

UIDatePickerの取得する時間がずれる

2011年05月03日 過去Blog
以下のサイトを参考に [ui_picker setTimeZone:[NSTimeZone timeZoneWithAbbreviation:@"GMT"]]; のようにすると日付の誤差はなくなりましたが、時刻の誤差はそのままでした。 http://pukapuka-ahirusan.blogspot.com/2010/11/uidatepicker.html どうやら、UIDatePicke…
「UIDatePickerの取得する時間がずれる」をはてなブックマークに追加

[4]:View間での移動について

2010年11月30日 過去Blog
今回は、あるviewから他のviewへ移動させる方法を実装します。UINavigationController を利用し、以前の記事で制作済のコードを利用します。 以前の記事(とても簡単です。)をまだ読まれてない方は、そちらを読んでから、この記事をご覧ください。 今回学ぶこと: 新規ビューの追加 ビューコントローラを追加する ビューを移動するための設定 ビューとコードを接続 戻るボタンを設置 …
「[4]:View間での移動について」をはてなブックマークに追加

php OS環境に合わせて自動改行

2010年06月08日 過去Blog
PHP_EOL PHPには定義済み定数に「PHP_EOL」があり、これを使用することで改行を表示させることができます。 Linux、Mac、Windowsなどの異なるOS環境間で改行コードを内部的に自動で切り替えてくれます。 例えば、Macの場合には「¥n」や「¥n¥r」、「¥r¥n」などとコードに記載しても、改行表示されません。
「php OS環境に合わせて自動改行」をはてなブックマークに追加
© graffiti on the web . All rights reserved. WordPress Theme by comfy