PHP 日付の減算・差分を求める

define( “ONE_DAY_SEC”, 24 * 3600 );

// 日付けの差分をとる関数
function dateDiff( $date1, $date2 ) {
return ( strtotime( $date1 ) – strtotime( $date2 ) ) / ONE_DAY_SEC;
}

// 実行サンプル
$date1 = date(‘Y/m/d’);
$date2 = “2010/06/01”;

$result = (dateDiff( $date1, $date2 )+1);

これで$resultには、2010/06/01 から 現在の日付までの経過日数を求めることが出来る。

参考サイト:http://q.hatena.ne.jp/1169605670

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です